ビデオレター【洒落怖】

一覧 洒落怖

そこには、蝋燭が灯る中、見た目は60代くらいの男が座っていた。 放課後にそこでオヤツ食べたり、エロ本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。

『蝉』|洒落怖名作まとめ【長編】 ここでは、『蝉』を掲載しています。 「えーっと、では今回の詳しいお話をお聞きしてもよろしいですか?」 Tさん 「そうですねすいません、お坊さんはここがどういう土地かご存知ですか?」 「いえ、牡蠣と海苔が名産地ということくらいしか・・・」 Tさん 「そうですね、海産物は有名ですね、あとこの地域では豚とか鶏とか家畜も地産品なんですよ」 「はぁ・・・」 Tさん 「ここには屠殺場があるんです。

【洒落怖】不思議なご依頼

一覧 洒落怖

幅30㌢程度の獣道を足を滑らさぬよう、皆無言で黙々と歩いていた。 俺は叔父を尊敬しているし、従う事に決めた。

4
is-style-st-square-checkbox li:after, ol. 女は一瞬焦り、俺を押さえていた足を踏み外し、よろめいた。 就寝前に一服をしようと思ったが、昨日のことが頭にあり一人ではちょっと行きにくい。

【洒落怖】404号室

一覧 洒落怖

更に不気味な事に、像の足元辺りから上のほうへ、まるで血管のような赤い線がいくつも 伸び始めてきていた。

16
次の瞬間、慎が 『わ゛ぁー!!』と変な大声を出しながら走り出した。 Tさん 「断られまして・・・隣の部落もだめで、隣の地域、隣の町まで探したけど駄目でした」 「あの・・・どういう理由で断られたんでしょうか?」 Tさん 「色々です、お坊さんみたいに宗派が違うからというところもあれば、 檀家じゃないからといわれたところもありました」 Tさんの奥さん 「だからお坊さんが引き受けて下さって本当に感謝してるんです」 ん?何かはぐらかされてる?? 「あの・・・そのお墓みたいなものを移設するのは移設するんでしょうか? それともそこで経読みするだけで良いんでしょうか?」 Tさん 「出来たら移して欲しいんです」 うわ・・・こりゃ相当やばいなぁ 現役の僧侶のくせに恥ずかしながらそんな事を考えてますますビビリました。

【洒落怖】鬼門を開ける方法

一覧 洒落怖

男は、凄まじい力で縄を引きちぎり、自分の両眼球をくり抜いて死んでいたという。 コツがつかめてきた俺達は、 その土地の名物に舌鼓を打ったり、一期一会の出会いを楽しんだりと余裕も出てきていた。

14
さすがに、チ〇コは惨めなほど縮み上がってたけどな」 苦笑する叔父。

洒落怖 (しゃれこわ)とは【ピクシブ百科事典】

一覧 洒落怖

86 ID:eSWHhk4M0 坊主は笑顔のまますっと消えた。

4
顔のメイクは「バカ殿か」と 見まがうほどの白粉ベタ塗り。 その日はカズヤは帰ってこず、翌朝ホテルのロビーで再開した。

【洒落怖】鬼門を開ける方法

一覧 洒落怖

ああ良かったと思いタバコを吸っていると、足音が聞こえた。 こういう田舎の暖かい人の心は実に嬉しい。

4
ちなみに住職はその話を信じていなかったが、引き取ったその日から本当に自分が刀で 人を切り殺す夢を何度も見るようになってしまい、これは大事だと「いわく付き」のほうへ 保管したとか。 ソイツと、望遠鏡のレンズ越しに目が合った。