上意下達【じょういかたつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

下達 上 意

また、上意下達と情報収集の機関として中間組織が形成される。 会社ならいいけれど、家で上意下達の精神でいられたらたまったもんじゃない 例文4. この言葉を見ると、上意下達のみならず下情上通=下の感情が上にしっかり通じている様が描かれているので、必ずしも一方的な組織ではなく、下からの思いも上に伝わることが大事だとわかりますね。

4
また、 伝わるように徹底させること。 下意上達のデメリット 一方で、下意上達にはデメリットも存在します スピード感が失われる 様々な意見を取り入れると、本来目指していたものからずれてしまうこともあります。

「上意下達:じょういかたつ」(意が入る熟語)読み

下達 上 意

・組織改革の一環として、下意上達を心がけることにした。 海外の企業や国家の問題が中国経済と科学の発展、中国の国家政策によるものであるならば、海外の国家政策と対立する可能性がある。 一方のネガティブな意味が指しているのは、「組織内で下の立場にある人の主体性がない」という状況や「下の立場の人の意見が認められない」という状況です。

1
例えば大学の運動部を表わす表現に「4年神様、3年貴族、2年平民、1年奴隷」というものや、相撲界を表わす表現に「無理偏に拳骨と書いて兄弟子と読ませる」などといったものがある。

上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意

現場の不満は顧客の不満へと直結する可能性があるので、トップの判断で良くも悪くも会社に影響を与え、最悪のケースではリスクを抱えることもあります。

そこからビジネスでは、一般社員の意見が上層部に届くという意味になりますね。

上意下達と下意上達の意味とメリット・デメリット。ビジネスでの使い方は?

下達 上 意

そして下の 「下」は身分が低いものや一般庶民を指し、そこに伝わるのが「下達」なんですよ。

20
下達は,下の者に通すこと。 誤って「じょういげだつ」と読んでしまわないように気をつけましょう。

上意下達と下意上達の意味とメリット・デメリット。ビジネスでの使い方は?

下達 上 意

ただ文中、生を聖音に依り、とあり、これも解釈次第で、意味が大きく異なってしまう。 そのため上意下達という状況が、ピッタリ当てはまる組織なんですよ。

7
… 小川一水『原案・田中芳樹 灼熱の竜騎兵シェアードワールズ レインボウ・プラネット』 より引用• 一般的に、参謀長は該当する組織とその最高責任者との間に立って緩衝機能を提供する。 これが非常に重要な点でありまして、この翼賛会の思想原理つまり政治思想としてのその原理は、さういふ意味に解釈しなければならぬのではないかと思ひます。

上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意

なぜなら、組織全体で連帯感が生まれているため、トップのため・組織のために全力で支えたいという気持ちが、現場で働く人たちの中に必然的に沸きあがっているからです。 上意下達と下意上達をバランス良く 上意下達は、上からの指示や命令が下の者に届いて徹底されるという意味があります。

20
「上意下達」と「下意上達」の使い方 上意下達の使い方 上意下達は、次のような場面で使います。 時代劇などで幕府や役人を指して「お上 かみ 」というように、「上」という漢字には「高い地位の人」という意味があります。

上意下達は「じょういげたつ」or「じょういかたつ」?

下達 上 意

ビジネスメールの返信に困ったら、ぜひ参考にして下さい。 上意下達と下意上達を、バランス良く会社で取り入れるようにしましょう。 社内の方向性の一本化 社長や幹部社員から方向性が示され、社員が団結することで迷いが少なくなります。

18
ウィキペディア。 自由な社風を表したいときなどに、下意上達は使われるんですね。

四字熟語「上意下達(じょういかたつ)」の意味と使い方:例文付き

下達 上 意

上意下達の意味を理解してビジネスのシーンで役立てよう 今回は、ビジネスシーンで見られる組織としての意思決定の伝達方法として使用される上意下達の良い点・悪い点そして読み方の(じょういかたつ)と(じょういげたつ)についてご紹介してきました。 また、逆に下位機関からの意見具申や上申などを参謀機関で検討し上位機関に伝える事のほか、上位機関に対して各種軍事活動に関して補佐する事が求められる。 … 眉村卓『不定期エスパー2』 より引用• 僕はこの檻に閉じこめられるまで目上という言葉を知らなかった。

ビジネスシーンでの下意上達のメリットとデメリット 下意上達のメリット 会社で下意上達を取り入れた場合、次のメリットがあります。

「上意下達」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

下達 上 意

自信たっぷりのリアスの物言いに、部下も笑顔でうなずいて、一番槍を狙う個々の部隊の突出も、制止せずに放置した。 つまり上意下達型の組織にあって、上位機関からの指揮・命令・指導を調整し、それらを下位機関に伝えて実行させることにある。 同時に、国内企業の技術研究は様々な方法で支援されている。

13
この時、現場の声を反映できるような仕組みがあれば、現場レベルで改善すべきことの情報を共有でき、常時現場にいないトップが気づかないわずかな変化や改善案なども伝わりやすくなります。