お盆になすときゅうりで作る精霊馬とは?意味や作り方、飾り方、処分方法を紹介

お盆 なすときゅうり

精霊馬とは、 きゅうりとなすを飾ることを意味します。

こうして見てみると、ご先祖様を迎えて、送るというシンプルな習慣だということがお分かりいただけたかと思います。 したがって単に捨てても問題はないのですが、しかし多くの地方では、それもはばかられるため、 川や海に流すことをしています。

【精霊馬って?】なぜお盆になすときゅうりって供えるの?供える理由から作り方まで徹底解説!

お盆 なすときゅうり

ちなみに、沖縄ではサトウキビをあの世に帰るときに使う杖に見立ててお供えします。 一般的に、7月12日が「お盆の入り」とされますね。

また信仰している仏教にもするしないや、飾り方も違うようなので 調べてみるのもいいかもしれませんね。 一気に切らずに、割りばしを回しながら少しずつカッターの刃を入れていきましょう。

精霊馬や盆提灯、なすやきゅうりをお盆に飾らない宗派 [初盆・お盆の過ごし方] All About

お盆 なすときゅうり

もくじ• お盆の由来 お盆は仏教の要素が強いイメージがありますが、日本古来の風習も深く関係しています。

9
ご先祖様は東から帰ってくるのできゅうりは西向きに、戻りのなすは東向きに向ける飾り方、玄関から入ってくるので玄関に向ける飾り方など、いろいろあるようです。

お盆はいつから?お供えのナスときゅうりは何?墓参りはいつ行く?

お盆 なすときゅうり

一方帰りのなすは「牛」に見立てられています。 197• 割りばしや爪楊枝を刺した後に、きちんと起立するように斜めに刺すのもポイントです。 清め塩とともに半紙に包んで捨てる 一番簡単に、手っ取り早くできる方法がこの方法ではないでしょうか? まずナスとキュウリを味塩以外の塩で清めます。

1
こちらは、送り盆の際、先祖が帰るときに使う「杖」と見立てているようです。

お盆になすときゅうりを飾る牛、馬の意味って何?精霊馬の作り方は?|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

お盆 なすときゅうり

なすときゅうりで作った精霊馬の意味は なすやきゅうりは夏野菜ということもあり、 きゅうりは足の速い馬として見立てられ、 あの世から早く家に戻って来れるように。 はっきりとわかっているわけではありませんが、一番有力な説を紹介します。

なす なすは力強さを感じる、 大きめのどっしりした少し曲がった物を選びましょう。

お盆の時に仏壇に用意するものは?きゅうりやナスで作るあれも解説!

お盆 なすときゅうり

昔は「精霊棚」という、ご先祖や亡くなった人の魂が帰ってきた時に過ごす場所に供えられていました。 16日には送り火を炊いて、ご先祖様の霊をお見送りします。

13
割り箸は1セットを4等分にします。

お盆に飾るキュウリとナスの作り方【意味や処分方法も解説】

お盆 なすときゅうり

また ご先祖様が供物をたくさん持ち帰れるように、という意味合いもあるといわれているそうです。 旧暦の場合のお盆は7月15日前後ですし、新暦の場合のお盆は8月15日前後です。 いつ頃精霊馬のお供えを行うと良いのでしょうか。

迎え火や送り火の習慣もありません。 ナスとキュウリの処分方法 お盆が終わり、使わなくなった精霊馬をどのような方法で処分すればよいのでしょうか? 食べてしまっても大丈夫? 精霊馬の 処分方法について、いくつかの方法をご紹介します。