「フリーダ・カーロ」の生涯と作品とは?名言や自画像も解説

カーロ フリーダ

外部リンク [ ]• 4,400円 税込• Patrick Marnham: Dreaming with this Eyes Open: A Life of Diego Rivera U. 翌1937年にメキシコへ渡ってきたトロツキーと妻 ()を「青い家」へ迎え入れ、1939年まで住居を提供した。 私もフリーダカーロくらいの情熱と苦悩をもって、自己表現出来たらなあ…。

13
奔放な生活をするだけでなく、フリーダは創作活動にも打ち込みました。

(2ページ目)壮絶な人生を送ったメキシコ人画家 フリーダ・カーロ展が英国で開催中

カーロ フリーダ

このようにフリーダは自分の身の上に起きたことや自分自身をひたすらに描くことを身上とし、様々な作品を生み出した。

17
C The Jacques and Natasha Gelman Collection of 20th Century Mexican Art and The Vergel Collection 幼少期のポリオの後遺症で、長さの違う左右の足に合わせ、ヒールの高さの異なる靴、そして18歳で遭ったバスの事故により骨盤や背骨に大きな損傷を背負ったフリーダのコルセットや常備薬、さらには晩年に片足の膝下を切断した後に使用していた義足などもあり、生涯を通して痛みと闘いながら絵と向き合ったフリーダの壮絶な人生がうかがえます。 メキシコの近代美術館に所蔵されている。

フリーダカーロの生い立ち~悲惨過ぎる事故と愛した夫と自画像まで

カーロ フリーダ

Tibol, Raquel 1983 , Frida Kahlo: Una vida abierta, Editorial Oasis: 1a ed edition• メキシコの国民的画家、ディエゴ・リベラです。 夫婦関係も良くはなく、 子供時代のフリーダの家庭は 「非常に悲しい雰囲気であった」 とフリーダ自身が言っていたそうです。 フリーダも生死の境をさまよう重傷で、3か月の間ベッドの上での生活を余儀なくされ、その後も事故の後遺症で背中や右足の痛みにたびたび悩まされるようになった。

4
(英語)• きれいだしモテているのに、ろくでもないおじさんディエゴにはまって結局はフリーダカーロの人生ディエゴ無しでは語れません。 。

わたしはフリーダ・カーロ:絵でたどるその人生

カーロ フリーダ

2,200円 税込• 才能にあふれて、自分のすべてを受け入れてくれる。 しかしいきなりフリーダカーロに衝撃的なことが… 1925年 18歳通学バスの交通事故に遭い 瀕死の重傷 衣類はちぎれて全裸になり、体を鋼鉄が貫かれ、全身血まみれ 金粉と血まみれ、腹に大きな穴が空きました。

9
一方、エネルギッシュでユーモアがあり、多くの女性と浮き名を流してもいました。

フリーダ・カーロ、メキシコシュルレアリスムとフォークアートの画家の伝記

カーロ フリーダ

作品と評価 [ ] フリーダ・カーロは生涯にわたって200点を越える作品を世に残しており、その大半が自画像であった。

7
大きさ、質感、形が異なるため、果物はバラバラに描かれているが、バランスが取れており、多肉的な印象を与えている。

(2ページ目)壮絶な人生を送ったメキシコ人画家 フリーダ・カーロ展が英国で開催中

カーロ フリーダ

メキシコのマサテコ族の民族衣装であるウィピルと呼ばれるトップにシンプルなロングスカート、グアテマラのコットン・コートを合わせたコーディネート フリーダ・カーロ博物館所蔵。 1950年には右足の血液の循環が不足して指先が壊死したため、切断手術を行っている。

6
この個展を見た ()は、直後ヴォーグ誌に発表した論文でフリーダの作品が他のシュルレアリスムの画家の作品と異なった独自の世界観を持っていると評価している。 一方、この頃にに強い影響を受け画壇で注目されるようになった。