漫画「僕だけがいない街」の結末|最終回ネタバレと感想・考察

だけ いない 僕 感想 が 街

幼少期にタイムリープした悟が、ついに犯人と対峙して… コレが繋がったときは「あぁ、なるほどーだからこのタイトルなのね!」って思っちゃうような展開。 巧妙な隠滅により母親殺しの容疑までかけられ追われる身となった悟は、「リバイバル」によってこの惨劇を修正しようと試みるが、タイムリープした先は自分が小学5年生だった時の1988年だった。 外伝にはユウキさんと悟の再会もあるのかな? ケンヤの父親はどうしたのだろう? 悟のリバイバルが起こる前提が悟が関わることでマイナスの事象がプラマイ0に、悟にとってはプラマイ0がマイナスになったりするって捉えられてる。

10
さざんかの集いの会場、山茶花池公園に到着して、写真を撮ったり、スタンプラリーをしたりして楽しむ一行• マンガとアニメをすべて見ましたけど2時間では描き切れてませんでしたね。 母は「今日誘拐事件が未遂に終わった」と冗談めかして言って、悟の小学時代に近所で起こった誘拐事件を話題にしつつも、名言しませんでした。

僕だけがいない街のレビュー・感想・評価

だけ いない 僕 感想 が 街

『僕だけがいない街』を総合評価するなら? 『僕だけがいない街』を総合評価するなら、星5中の星2評価である。

6
8話ででてきた文集と比べるとボロボロになっており、悟の世話の時に心の支えにしていたことが伺える• 余計な説明をせずにこれだけを見せられると、 佐知子の心情が想像させられてかなり破壊力がありますね。

【85点】Netflix版「僕だけがいない街」の評価と感想

だけ いない 僕 感想 が 街

確かにあいりと悟はそれらしい関係になりそうな感じはありますが、異性だけの繋がりではない「ソウルメイト」的な何かを感じるような見せ方にもなっていました。 そして僕だけがいなくなった街』 アイリといた時間が『僕だけいない街』の始まりだと。 展開のはやさ、物語のまとまり、マンネリ化しないちょうど良い長さ。

6
アイリがカメラケースらしきものを持っている• 八代は西園議員であることを確認する• 何故ならばメディア特性や尺の都合で、細部を改変したり同じ事象でも別解釈をしていたりするからです。 41話で久美ちゃんに渡しているのは八代• ボロボロになった文集 僕街の唯一の悪役として悟を終始苦しめた八代ですが、 その八代だけが悟を信じて理解できたり、悟も八代の言葉に大きな影響を受けていたりして、 この関係性が本当に好きです。

僕だけがいない街最終巻(8巻)ネタバレ考察・感想

だけ いない 僕 感想 が 街

読むかどうか、正直少し迷ったんですよねえ…。 私はアニメから入ったクチなので、新参読者だったんですけど、8巻発売ぐらいからはリアルタイムで読んでいて、『Re』も毎月楽しみにしていました。 その日もバイトで配達に出た悟は、バイクの運転中にリバイバルに遭います。

3
SFチックにいくのならば、より過去によって未来がどう変化したか…を象徴的に描けば良いのに、例えば大人になった雛月との再開シーンなどが妙にあっさりしているのも気になる。 「勇気ある行動の結末が悲劇であっていいハズがない」• 自分は、佐知子母さんを愛情深く思慮深い、高い知性を持った素晴らしい女性だと思うのですが…。

僕だけがいない街最終巻(8巻)ネタバレ考察・感想

だけ いない 僕 感想 が 街

まず最初の感想としては、 「ストーリーの展開が雑なSF映画だなぁ」 という感じである。 スケジュール書き換えトリックで久美を見失ったわけですが、もともとの計画はどうだったんでしょうね。 潤が逮捕された時、悟は「違う、犯人じゃない」と言い張りましたが、状況証拠があり潤が犯人に仕立てられます。

よくよく見てみると彼は生前一度だけ蜘蛛の命を助けていた。 他人の命を握るという快感、神としての自分に陶酔してしまったのです。

僕だけがいない街最終巻(8巻)ネタバレ考察・感想

だけ いない 僕 感想 が 街

時効になっているとはいえ1988年の水没事件の証言をされたら、現在市議になっている八代には致命的。

3
ですがそれが原因で佐和子は殺害され、悟は佐和子殺しの犯人だと疑われます。

漫画「僕だけがいない街」の結末|最終回ネタバレと感想・考察

だけ いない 僕 感想 が 街

そのくせ自分の将来の夢を、愛梨は話しませんでした。 小学生の男児には声をかけて違う方から通行するよう指示し、眠っているように見えるトラックの運転手に声かけをします。 他の子供たちと紙を見ながら次のスケジュールを見るってことも八代の準備でそうさせないように仕組んでいたと思う。

19
そして、植物状態になった悟をずっと一人で診てきた佐知子ですが、 その佐知子が、あの文集を持っていたのは僕街屈指の演出だと思います。 この漫画は読めば読む程引き込まれる「引力」のある作品です。

僕だけがいない街のあらすじ・感想・レビュー!僕街の4つの魅力とは?

だけ いない 僕 感想 が 街

8巻は最終巻として相応しく、ものすごい密度の内容でしたね。 読む側としてはアイリのような「信頼できる仲間」が一人居なくなったような気持ちになって不安感がありましたが、植物人間状態になる前に協力的だったケンヤが彼なりの行動動機を持って再び協力関係になるという展開にはシビれました。

3
しかしこういう「演技が自然な人ばかりが出る作品」を見ると、「邦画でもちゃんと気持ち良く見れるんだな」と再確認できます。 はたして母親は救えるのか、また真犯人とは…?! 6巻のあらすじは以下です。

「僕だけがいない街 Re」【片桐愛梨】 外伝 感想

だけ いない 僕 感想 が 街

八代は信じたのです。 悟の告白を信じる八代• あとは「タイムスリップできる」という設定自体も別に悪くはない。 八代は死刑囚として刑務所に収監中• 致死性の毒を用いると犯人である悟がどうやって入手したかが問題になりますが、子供用睡眠薬なら普通にドラッグストアで売っています。

1
美里がきっかけで募金活動をする加代以外のメンバー• この数分間は、言葉数を極力減らして、描写だけで進んでくんですけど、本当にヤバい。 母・佐知子とデパートに買い物へ行った日、悟はまたもリバイバルに見舞われます。