ドロップダウンリストを追加する【Googleスプレッドシート】

の 入力 規則 データ スプレッド シート

あるセルの入力規則の設定に変更を加えると、それと同じ入力規則が設定されているすべてのセルに対して、同じ変更が自動的に適用されるようにできます。 データの入力規則を使用して、ユーザーがセルに入力できるデータの種類または値を制限できます。 データの入力規則が正しく機能しない場合は、次の点を確認する必要があります。

曜日も1つおきになりました。

スプレッドシート:カスタム数式でデータの入力規則設定

の 入力 規則 データ スプレッド シート

よくよく見ると、連続データが入力できないA列の方はセルの左に寄っている。

19
次の値以上• ユーザー設定 - ユーザー設定の数式の場合です。 [ 入力時メッセージ] タブで、[ セルの選択時にメッセージを表示する] チェック ボックスをオンにします。

スプレッドシート:カスタム数式でデータの入力規則設定

の 入力 規則 データ スプレッド シート

ロックを解除しないと、セルにデータを入力できなくなります。 色々調べていくと、入力禁止の方法としては データの検証で「無効なデータの場合:」を「入力拒否」にする事で出来そうなのですが、 条件の部分がいまいちわからず、どうも上手くできません・・・。 [ エラー メッセージ] ボックスで、無効なデータが入力された場合に表示するメッセージを入力します。

プルダウン用のデータリストを作るとき、商品リストや社員名簿といった、プルダウンで選択したいデータがすでに揃っている場合は、それを「データ」シートに貼り付けたら完成します。 セル内のデータを入力または変更しようとした場合にデータの入力規則のエラーが表示され、入力内容がわからない場合は、ブックの所有者にお問い合わせください。

スプレッドシートでプルダウンリストを作る [Google スプレッドシートの使い方] All About

の 入力 規則 データ スプレッド シート

iPhone• [ 元の値] ボックスに、リストの値をカンマで区切って入力します。 表示されてるところクリックすると下図のように 表示されるので、「 アクセスを許可」をクリック。 [ ドロップダウン リストから選択する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

11
よろしくお願いいたします。 その後ろに、反映したい範囲を記入する。

セルにデータの入力規則を適用する

の 入力 規則 データ スプレッド シート

これで完了です。 次の例では、ユーザー設定のオプションを使用して、条件を設定する数式を記述します。

10
日付を返す数式を入力することもできます。

スプレッドシートのプルダウンを連動させよう!同じシートの中で設定する基本編

の 入力 規則 データ スプレッド シート

2" のように小数点数の形式で最小値、最大値、または特定の値を入力します。

データの入力規則が役立つ場合 データの入力規則は、他のユーザーとブックを共有する場合に、入力されるデータの正確性と一貫性を維持するのに非常に役立ちます。 たとえば、特定の日より後の日付の入力を許可するには、[ 次の値より大きい] をクリックします。

google スプレッドシートで特定の文字が入力された行に色を付ける

の 入力 規則 データ スプレッド シート

停止エラー メッセージには 2 つのオプションがあります。 たとえば、入力する値の上限と下限を設定するには、[ 次の値の間] をクリックします。

10
コピペはできるというのは踏まえておいてください。

プルダウンリストの作成方法(データの入力規則)|スプレッドシートの使い方

の 入力 規則 データ スプレッド シート

今回は、そのドロップダウンリストを一歩進めて、 「2段階のドロップダウンリスト」を作成する方法をご紹介します。 これで、ユーザーが無効な値を入力しようとすると、ポップアップ メッセージ "この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません" が表示されるようになります。

10
[ データ] ボックスで、使用する制限の種類をクリックします。 500行程度のデータなのですが、範囲指定で一気に設定したいです。

スプレッドシート:カスタム数式でデータの入力規則設定

の 入力 規則 データ スプレッド シート

注意エラー メッセージが表示された場合は、[ はい] をクリックして無効な入力を続けるか、[ いいえ] をクリックして無効な入力値を編集するか、[ キャンセル] をクリックして無効な入力値を削除できます。 Excel2007では、クリックやドラッグの選択ができないので[元の値]ボックスに直接キーボード入力してください。 (今回は 別シートに作成します) 2. または、社員名簿の所属部署も「総務部」「営業部」「開発部」など、会社によって決まっているでしょう。

3
次の値に等しくない• (今回は別シートのA1:A3) 5. また、UNIQUE関数で作ったリストをコピーして同じ場所に「値のみ貼り付け」をすれば、関数がなくなり手打ちしたデータと同じ状態になります。