【薬剤師×循環器】テープ剤は切断していい?

4mg ビソノテープ

(「薬物動態」の項参照)] 重篤な肝機能障害のある患者[薬物の代謝が遅延し、作用が増強するおそれがある。

1
特にジギタリス製剤との3剤併用時には注意を要する。 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある患者[アシドーシスに基づく心収縮力の抑制を増強させるおそれがある。

ビソノテープの半貼付について

4mg ビソノテープ

高血圧症における通常量は8mg。

3
[脳梗塞等がおこるおそれがある。 1.本態性高血圧症(軽症~中等症):ビソプロロールとして8mgを1日1回、胸部、上腕部又は背部のいずれかに貼付し、貼付後24時間ごとに貼りかえる• (高齢者への投与) 高齢者には、次の点に注意し、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。

ビソノテープ4mg

4mg ビソノテープ

3.心原性ショックのある患者[心機能が抑制され、症状を悪化させる恐れがある]。

19
また1回使い切り製剤で別途に針を用意する必要がなく、ボタンを押すと自動的に注入できるため操作が比較的簡単な製剤である。

ビソノテープ4mg│お薬事典│ビソノテープ4mgの詳細情報ならここカラダ

4mg ビソノテープ

] 重度の末梢循環障害のある患者(壊疽等)[末梢血管の拡張を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。 ] 非代償性の心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化するおそれがある。

12
] 徐脈、房室ブロック(I度)のある患者[心刺激伝導系を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。 高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある患者[症状を悪化させるおそれがある。

ビソノテープ2mg・4mg・8mg

4mg ビソノテープ

気管支喘息• 希望禁止• 剥がすときは、優しくゆっくり剥がすようにすると、皮膚へのダメージを減らすことができます。 減量する場合等、 やむを得ず切って貼付する場合は、切断面から露出した粘着層が衣服に付くとはがれる原因となりますので、貼った上から切断面を絆創膏等で覆ってください。

19
また、必要に応じアトロピンを使用すること。 褐色細胞腫• 未治療の褐色細胞腫• 甲状腺中毒症• 非代償性心不全• 投与4週後の24時間ホルター心電図の平均心拍数の変化値(調整平均)について、ビソノテープ4mg群のビソプロロールフマル酸塩錠2. 高血圧症や不整脈の治療に用います。

ビソノテープの使い方とメインテートとの比較

4mg ビソノテープ

なお、年齢、症状により1日1回4mgから使用を開始し、1日最大使用量は8mgとする。 特発性低血糖症• 5mg、この貼り薬4mgと飲み薬5mgの比較において、事前に規定された同等性(非劣性)の基準を満たすことが示されました。

] 末梢循環障害のある患者(レイノー症候群、間欠性跛行症等)[末梢血管の拡張を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。