船橋駅のバス(新京成バス)

京成 バス 新 船橋

高根公団線 [ ]• 小室01:〜北習志野花輪病院前〜公園前〜古和釜十字路〜豊富農協前〜県民の森〜ハイランド〜• なお、船橋駅北口発車番線は乗り場へのアクセス手段たる階段から至近である3番線(鎌ヶ谷線と同じ)から発車される。 A01:船橋駅北口〜夏見台団地〜金杉町〜三咲駅〜県民の森〜• 鎌01:鎌ヶ谷大仏〜井草橋第二公園〜井草県営住宅〜高野台二丁目〜高野台四丁目〜北総白井病院• からのローカル路線であり、大穴町および大穴南、大穴北地区の中を走る。

12
この路線が開設された背景には、が深夜急行路線「」を現在の船橋新京成バスの営業エリアにおいて走らせている(千葉ニュータウン線は新船橋駅から新鎌ヶ谷駅まで、津田沼・勝田台線は津田沼駅から八千代緑が丘駅まで)ことがあるとされる。 ただし、通し利用は少ない。

船橋駅バスのりば|路線バス時刻表|ジョルダン

京成 バス 新 船橋

5月16日からはが導入され、これを記念して「マルチライダー運行開始記念 新京成バスオリジナル 」が発売された。 鎌ヶ谷大仏発の最終便が19時台に繰り上げされた。

16
最寄は「船橋グリーンハイツ入口」停留所。 設立:(54年) 大成グリーンハイツ()と北口を結ぶ路線は、もともとが暫定的に、関連会社の(運輸)に委託して運行が開始されたのが始まり。

新京成バス

京成 バス 新 船橋

:北口〜〜芝山中学校に短縮。 また、新たにより「二和グリーンハイツ線」の試験運行が開始された。

19
その後、京成の船橋市内線が衰退したのに対して、新京成の方は主力路線の一つとして定着した。 ただし、八千代緑が丘駅・高津団地中央方面に降車客がいない場合は船橋日大前駅から直接鎌ヶ谷大仏を目指す。

船橋新京成バス

京成 バス 新 船橋

:ダイヤ改正。 :[船橋バス]高根線の廃止に伴い、うぐいす園前停留所および米ヶ崎停留所を新設。 馬込沢駅から、北西にある大規模「鎌ヶ谷グリーンハイツ」に至る路線である。

:医療センター経由のコープ野村行を新設。 そのため、東葉高速鉄道開通時の1996年とその4年後の2000年の二段階にわたって減便を行った。

新京成バス

京成 バス 新 船橋

平日朝に2本、土曜朝に3本の運行である。 夏見,夏見台団地,市立体育館・市民プール入口,コープ野村 船15• 鎌ヶ谷営業所の中型車導入は5年ぶりであるが、いすゞ車の導入は旧・船橋バスのF-132・F-133号車以来となるが貸切を除いた乗合としての新規導入は初めてである(なお仕様は松戸新京成バスの3418号車以降とほぼ同じである)。 でも、そんな心配はもう無用! Bus-Vision(バスビジョン)という「新バスロケーションシステム」がとっても便利。

13
(外部リンクが開きます)• :3ヶ月間の実証実験として運行開始。

運賃について|路線バス|京成バス

京成 バス 新 船橋

これは、前述した乗客の減少も要因の一つだが、加えて、芝山団地停留所の折返場の土地がUR都市機構(都市再生機構)の所有であることが関係する。 船22:北口〜東船橋三丁目〜〜刈米〜古和釜十字路• また、当初はで運行されていたが(三菱ふそうエアロミディは増備分)、後述の白井市循環バス「ナッシー号」にが導入されたことに伴いそれまで「ナッシー号」で用いられていたが分社後塗装に変更され同線で運用開始した。 同線のLED行先表示の経由に「森のシティ」の表示がなされている。

その後(令和元年)にかつて「船橋グリーンハイツ入口」停留所があった位置に「緑台交番前」停留所が移転した。

新京成バス運賃表 最新のバス運行状況のお知らせ

京成 バス 新 船橋

(外部リンクが開きます)• ちなみに、すべての便ではないもののからへ行って、またからに帰ってきたとき海老ヶ作線の運用につき、さつき台から戻ってきたときにまた高根公団線の運用につくダイヤが多い。 脚注 [ ] []• これと同時に、鎌ヶ谷大仏〜間は西白井線に組み入れられ、鎌ヶ谷大仏を境に鎌ヶ谷線と西白井線が分けられることとなった。

20
船23:北口〜東船橋三丁目〜〜• なお到着後の一部は車両入れ替え回送で鎌ヶ谷営業所に出入庫している。

新京成バス

京成 バス 新 船橋

また、中型車は定員が少ないために、では「公団東口行」と「千葉病院行、行」とで乗場を分離したが、ダウンサイジング化の流れで公団東口折返し便も中型車で運行されることが多くなってきたため、2006年4月頃より3路線とも同じ乗り場となった。

13
三山線のもともとの終点は大久保という停留所であった。

新京成バス

京成 バス 新 船橋

より、3路線とも実証運行から本格運行へ移行した。

19
(外部リンクが開きます) 船橋駅南口• (不明):[船橋バス]船53(現在の米ヶ崎経由、当時は「短絡路経由」と呼ばれていた)運行開始。 :一部ルート変更に伴い、丸山一丁目バス停が下り(慈祐苑方面)のみ廃止。