コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

ノストラダムス コロナ

まぁ、昭和の時代なんて「川口浩探検隊」をゴールデンタイムでやっていた胡散臭すぎる時代なだけにノストラダムスも許容されていたのだろう。 「天有眼、地有眼、人人都有一雙眼(天に眼あり、地に眼あり。

17
ブルガリアの大予言者ババ・ヴァンガは、今後の顚末までを示唆しているが……? 一刻も速い収束を祈る。

【ノストラダムス】アンゴルモアの大王って、、

ノストラダムス コロナ

。 ともあれ、前置きが大変長くなりましたが、次のページで新型コロナウイルスを予言したと思われる3つの四行詩を紹介したいと思います。 写真はイメージです。

17
そこには次のように記載があります。 「三国志」に登場する諸葛孔明の生まれ変わりとも言われている。

中国の“ノストラダムス”劉基が650年前にコロナ蔓延予言していた

ノストラダムス コロナ

「謎の新種ウィルスが世界的に流行し、世界人口の3分の1近くが減る」というノストラダムスの予言が紹介されている。

1
「あぁ、1999年7の月はようやく終わったか……世界は滅びなかった」といった安堵があったのである。 的中とみるのは難しいだろう。

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

ノストラダムス コロナ

それらに登場するノストラダムス解釈で、疫病に触れている文献はごくわずかだった。 イルミナティカードが武漢の新型コロナウイルスを予言 いやもうこれ人類終わってるでしょ。 明(1368~1644年)の初代皇帝・朱元璋に仕える軍師として数々の戦を勝利に導き、天文学や地理学、算術などにもたけていた。

5
新型コロナウイルスの収束方法がいまいち想像できませんが、SARSのときと比べるとヒントがあるのかもしれません。 今回、コロナにかかったことによって、『当たった!』と騒がれているんです」と明かす。

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

ノストラダムス コロナ

が担当する章ではから、「恐るべき軍備が西側で起こり、その翌年にすさまじい疫病が発生する。 また新たなウイルスが出現するとは思わないが、今年のことを考えると、社会が大袈裟に反応するだろうことは想像に難くない. 彼はペストが大流行した土地に赴き、予知能力で知った近代医学の方法で、住民を全滅から救ったのだ。 また疫病が広がり「天下亂紛紛、東西餓死人(天下が乱れ、争いが起き死者が出る)」という部分は、中国による香港弾圧や米国の暴動などだという指摘がある。

3
あまりにも猛烈で、若者、老人、獣さえ生きられない」という詩句が引用されている。

中国の“ノストラダムス”劉基が650年前にコロナ蔓延予言していた

ノストラダムス コロナ

ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」予言 ヒプノセラピストマリアさんの 「サーバーシステム」という予言方法があるのですが、分かりやすく言うと、マリアさんの 生徒さんをモニターとして、ビジョンを映し出す予知の方法があります。

6
現在も恐るべきスピードで感染が拡大しており、2020年1月31日にはWHOが「国際緊急事態」を宣言、2月3日には死者がSARSを超えたことが発表されるなど、いまだ収束への出口が見つからない状況である。

コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

ノストラダムス コロナ

新型コロナウイルスをノストラダムスが予言! 今回の新型コロナウイルスのこと、なんと ノストラダムスが予言しているというのである。 この本では、ノストラダムスが未来を先取りした医術でペストを鎮めたことや、その予知能力を買われてフランス国王アンリ2世の顧問となったこと、その顧問を辞めたあとに予言詩集『諸世紀』を著したことがまず紹介されている。 そもそも、引用されているフレーズはに含まれており、ほぼ議論の余地なく、 程度の低いニセモノである。

16
『911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ』ヒカルランド、2016年• オカルト評論家の山口敏太郎氏はこう語る。

新型コロナウイルス

ノストラダムス コロナ

「九冬」とは中国の暦で冬至から81日間のことで、12月22日から3月12日あたりを指す。 文中の「ドラゴン」は「中国」を、「赤いお金」は「中国の100元札とロシアの5000ルーブル札」であると解釈されている。

10月は、予言詩が書かれた時代の旧暦だと11月ごろ。