富士通研究所、様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデ..(Fujitsu Ltd プレスリリース)

プレス リリース 富士通

今回、CXという分野でクアルトリクスが貢献できたことを誇りに思います。

新会社「富士通マーケティング」は、中堅民需市場を中心にクラウド時代を見据えた、お客様起点のマーケティングイノベーションを行っていきます。 jp TEL:03-5958-1091 FAX:03-5958-1033.。

アドバンスト・メディアと富士通が販売パートナー契約を締結|株式会社アドバンスト・メディアのプレスリリース

プレス リリース 富士通

すでに富士通グループは、2010年3月18日の発表どおり、4月1日より中堅民需ビジネスの強化・拡大に向け、取り組みを開始しており、富士通の中堅市場向けソリューション「GLOVIA smart」の企画・開発機能(138名)をFJBに統合し、業種・業務パッケージ商品やサービスの強化に向けて着手しました。 従来、AIを活用して集中度を定量化するモデルは、e-learningなど特定のタスクを実行している人の表情や振る舞いを学習することにより作成していました。 クアルトリクスを利用いただいている企業には、意思決定までのスピードが速くなったという声を多く頂いています。

顧客接点強化に特化した専門部隊が精力的に導入を進めており、業種・企業規模を問わず多数のお客様にご利用いただいております。 【AmiVoice Communication Suite、概要】 オペレーターとお客様との全会話を音声認識技術で文字化することで、VOC分析や通話モニタリング、コンプライアンス対策など、様々な活用を可能にする、コンタクトセンター業界シェアNo. 各国がそれぞれお客様の声を本社に伝えて改善を促しても、グローバル企業は一国だけの提案ではなかなか動かないということが多くあります。

富士通研究所、様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデ..(Fujitsu Ltd プレスリリース)

プレス リリース 富士通

「マーケティング」という言葉には、今後、「富士通マーケティング」が販売パートナー様とともに推進していく活動の全てが含まれています。 所在地 :東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング9階 代表者 :熊代 悟 事業内容:日本におけるクアルトリクス 製品の販売・サポート・導入支援 URL : www. TOKYO, Mar 1, 2021 - JCN Newswire - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、人が様々なタスクを実行している時の集中度を、表情筋の動きの変化から、集中時、非集中時の顔面の状態の違いとして検出することで高精度に捉え、定量化できる集中度推定AIモデルを新たに開発しました。

7
さらに、タスク固有の振る舞いが生じないように設計された探索や記憶を行う課題を、日本に加え、多様な地域の人のデータ収集が可能な米国および中国の延べ650人で実施し、機械学習用のデータセットとして構築することで、特定のタスクに依存しない、汎用的な集中度推定AIモデルを開発しました。

【プレスリリース】富士通ビジネスシステムが、「富士通マーケティング」に社名変更

プレス リリース 富士通

そして、統合的に集中度を推定する新たな方式により、文化的背景に依存しない高精度な集中度推定AIモデルを開発しました(図1)。

7
ここでは、経営としてお客様の声を真摯に受け止め、富士通への期待や課題、またお客様の課題を深堀りし、課題解決に向けたPDCAを回し続けるフィードバックループの定着化を強力に進めます。

アドバンスト・メディアと富士通が販売パートナー契約を締結|株式会社アドバンスト・メディアのプレスリリース

プレス リリース 富士通

寄せられたお客様の声やそれに基づく分析は、経営層や各部門及びリージョンのCXリーダーがリアルタイムで状況が確認できるため、結果の共有も飛躍的にスピードアップすることができました。

富士通がDXを成功させることは、富士通内だけではなく、日本全体に大きなインパクトがあると思います。 アドバンスト・メディアの「AmiVoice Communication Suite」と、富士通のCRMソリューションの連携により、コンタクトセンター市場における課題解決への支援を今後更に推し進めてまいります。

アドバンスト・メディアと富士通が販売パートナー契約を締結|株式会社アドバンスト・メディアのプレスリリース

プレス リリース 富士通

設計から運用開始後のサポートまで、お客様ごとに最適な提供形態を実現し、更なる業務効率化・顧客満足度向上に貢献します。

10
今後 今後、当社は、ニューノーマルな社会においてグローバルに拡大するオンライン授業やオンライン会議、営業活動などの様々なサービスへの本技術の適用拡大に向けて、AI倫理の観点も踏まえて検証をさらに進めるとともに、AI集中度推定モデルの実用化を目指し実証を進めます。 従来、対面の場では、集中を欠いた生徒への声掛けや、上の空で聞いている相手への話題転換といった、相手の集中力を引き戻すサポートが行われていましたが、オンラインの場では、離れた場所にいる相手の様子を把握することは難しく、これまで行われていた適切なサポートが困難となっています。